ヤメ記者SEの徒然なるままに…

アクセスカウンタ

zoom RSS [雑記] Kindle 日本発売

<<   作成日時 : 2012/10/27 00:51   >>

トラックバック 2 / コメント 0

日本時間で24日、以前からうわさされていたiPad miniおよびiPad第4世代の発表に時を合わせるかのように、近日中に発表という案内が出ていたAmazonのKindle日本版が正式に発表されました。

画像
Amazonのトップページにこれだけ大きなメッセージを貼り付けていることからも、その力の入れようがひしひしと伝わってきます。

欧米では電子書籍業界の不動のトップをひた走っているKindleの発表だけあって、多くの人がすでにいろいろな反応をしており、KDP(Kindle Direct Publishing : 作家が出版社を通さず、自分が執筆した作品をそのままKindleで発売することができるシステム)やamazon.comとamazon.co.jpアカウントの扱いの問題など、さまざまな情報が徐々に明らかになっています。

個人的に、このKindle発売の際、もっとも注目したいと考えていたポイントが、Amazonが欧米で展開して大成功したKindleのビジネスモデル(つまり、3G通信機能付の端末をリリースした上で、月額の通信費用が一切不要で、どこでもいつでもコンテンツを購入することができるというもの)を構築できるのかどうか、ということでした。
そして、リリースの内容を見ると、E-ink端末のKindle WhitePaperに、3G機能付モデルがしっかりと含まれていて、基本料金無料で3G回線を使って書籍を購入することができるようです。
日本国内で販売されるこのモデルは、コミックスや音楽など、データ量が大きなコンテンツについては3G通信によるダウンロードには制限がかかっているようで、これらのデータはWi-Fiを使わなければいけないようですが、それでも、日本国内で発売されている端末でこの形を作れたのは、Kindleが初めてです。(KDDIが自社販売していた端末ですら、基本料金は必要だった)

これだけタブレット端末が発売されているにもかかわらず、電子書籍の業界が一昨年ごろから騒がれているような爆発的な普及にいたっていないのは、(出版社がコンテンツを出し渋っているというのももちろんありますが)パソコンやタブレットといった電子機器類の操作になれていない層の人たちに対しての訴求力がどうしても弱いためじゃないかと考えています。
その点でいくと、E-ink端末はディスプレイの機能的な制約上、Androidで使えるような普通のアプリを動かすことは難しく、できることがかなり制限されてきます。ただし、このさまざまなことが制限されてくる、ということは、裏を返せば、機能がとてもシンプルでわかりやすいと言うことに通じてきます。

書店に行って、自分が気になった書籍を手にとって、気にいれば買う。
そんなシンプルな動作をデジタルの世界で実現しようと思えば、UIの設計やストアの構築など、かなりの技術と投資が必要です。
楽天のKoboにもそのポイントを最初、期待していたのですが、楽天はあまりにもメーカーとしてのノウハウが足りていなかったようで、とても残念な結果に陥っています。
一方のKindleは、これまですでに欧米で発売して来たノウハウがしっかりと蓄積されていて、その点については問題なさそうです。

コンテンツについては、オープン当初約5万点となっていて、無料の青空文庫が含まれることから、実際の書籍コンテンツは4万点程度と見られています。
http://wildhawkfield.blogspot.jp/2012/10/1025kindle.html
これはSHARPのGALAPAGOS STOREより半分程度の数字(というか、SHARPがいつの間にかここまでがんばっていたと言うことに、地味に驚きましたw)ですが、当然ながら徐々に増えていくことになるでしょう。また、新たに始まった取り組みとして、Amazonのストア上に、Kindle化リクエストボタンというのが設置されており、これによって出版社との交渉が大幅にしやすくなるため、これまでにないスピードでコンテンツをそろえていくことができるのではないかと思います。
http://news.infoseek.co.jp/article/itmedia20121025021news

Kindleの登場によって、これまでタブレットに触れていなかった人、さらにはパソコンすらほとんど触ったことがない人まで電子書籍を購入する可能性が、一気に広まったと見ています。
3Gモデルも投入されたことで、欧米で進んでいる、雑誌や新聞の定期購読モデルも、日本での普及が促進されるでしょう。※Amazon.comで販売されている、欧米の新聞・雑誌の定期販売コンテンツは、日本国内のアカウントでは購入できない、という指摘があるようです。
新聞、出版業界の人たちにとっては、いよいよ待ったなしで電子化に取り組まなければいけないタイミングがやってきた、と言えると思います。

ということで、個人的にはiPad mini, Nexus7, Kindle の中では、 Kindle Paperwhiteの3Gモデルが一番ほしいと思っているのですが、なにぶんiPhone5を購入して懐具合がさびしいので、数ヶ月は様子見となりそうです(苦笑)












=========================このところの気になったニュース
スマホを使うカード決済サービスCoineyが本日ローンチ
http://www.startup-dating.com/2012/10/coiney/

SPIDER
http://www.spidertv.jp/

ジブリの小冊子『熱風2012年10月号 電子版』インターネット配信のお知らせ
http://www.ghibli.jp/10info/007788.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[雑記] 電子書籍のススメ
そのうちいつか書きたい、と思っていたのが、ここにきて急にいろんな端末などが出てきたので、このタイミングで書いておこうと思います。 まだしっかりまとまっているわけではないので、だらだらと何回か続けるシリーズもののエントリーになろうかと思いますので、お時間があれば長い目で見て、お付き合いください。 ...続きを見る
ヤメ記者SEの徒然なるままに…
2012/11/13 00:20
『隣の陰陽師 弐──怨念の共鳴』
今回は電子書籍のセルフパブリッシングの紹介です。 拙著『隣の陰陽師』シリーズ第二弾が出ましたのでおしらせします。 第二弾は『隣の陰陽師 弐──怨念の共鳴』です。 以下はAmazonに掲載している紹介文より。 ──── 憑きもの落としに失敗した流雲は、次に憑か… ...続きを見る
私の通勤読書メモ
2014/01/27 11:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[雑記] Kindle 日本発売 ヤメ記者SEの徒然なるままに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる