[雑記] 最近の政権に思うこと

いつの間にか、また60日間更新していないことで表示される広告が出てました。
ん~。
おかしい。ラズパイ4の話を書いたのは1月に入ってからだと思っていたんですが、いつの間にやらほぼ丸2か月間更新していない状態だったようです…。
今年こそは月一回の更新、と思っていたんですが…

ラズパイ4を使って作りたいと思っているものは、色々調べながらやっていますが、手探りでなかなか難しいですね。
とりあえず、darknetを動かすことはできるようになったんですが、自分でオリジナルの学習モデルを作ろうと思うとやっぱりGPUマシンがないと難しいのかなぁ~というところ。
JetsonNANOでも買おうかしら、と考えていますが、どうかなぁ…
とりあえず、数種類だけ識別できればいいので、多少時間かかってもいいので、今のマシンで学習モデル造れないかな、とか思ってますが、大体CUDAのドライバを使う方法しか情報が出てこないので、そもそも挑戦することが難しいとなると…

ということで、こちらの方はまぁ、あまり進んでいないのですが、ぼちぼち先に進められれば、またいずれご報告できるかなと思います。


さて、このブログではあまり政治ネタとかは触れずに来たんですが、さすがに最近はちょっと…と思うところがあったので、まぁ、書くネタがないということもあり、自身の備忘録というところもかねて、ここ数か月の世の中の動きなんかを見ていて思うところを書き留めておこうかなと思います。


この数か月、政権に絡む大きなトピックとして取り上げられているのといえば

  • 桜の会
  • 検事総長人事問題
  • 新型コロナウィルスの対応

の三つかなと思います。

まぁ、人によって見方はいろいろありますし、何を真実とみるかというのは人それぞれではあるんですが、個人的に疑問なのが、なんでここまで来て自民党内から安倍晋三首相を降ろす動きが出てこないのかな、ということ。

1,2については、これまで明らかになった情報を見ても、政権が相当グレーゾーンのところに踏み込んだ危うい動きをしていて、まさに三権の行政が暴走状態になっているといえる状態かなという印象です。
短いながらも新聞記者をやらせてもらっていた時代には、ちょうど民主党政権だった時期ということもあって、もう少し与野党間に緊張関係がありました。
またそれ以前にも自民党内では派閥間の勢力争いに緊張感があり、自民党一強の時代とは言え、内閣が暴走するとそれを抑える動きがあったような気がします。

それが今は見られない。
安倍内閣がお友達内閣などといわれて久しいですが、明らかに適性を欠いた人材が当選の順番だけで大臣や副大臣を務めている。まさに不適材不適所。
これだけ不祥事や不適切な行動・発言が多発していて、野党は反発しているものの対案のない批判だけ。与党内も内閣に忖度して声を上げる人はごく少数といった感じで、まさに「赤信号、みんなで渡れば怖くない」状態に見えます。

私は、人も組織も、自身に送られた批判をきちんと受け止められなくなった時点でそれ以上の成長ができなくなる、と思っています。
自分がやろうとしていること、やってきたことに反対意見を言われるのが感情的に不満になるのは仕方のないことですが、相手の言っていることをきちんと受け止め、判断し、必要があればそれまでやってきたことを修正する。
これだけ社会が専門分化している現代において、何でも一人でできる超人のような人間はいませんから、どんな人でも大抵は問題があるものです。
批判と誹謗中傷をしっかり切り分けて、筋だった批判は真摯に受け止めることができず舌先でかわそうとしたり、感情的な反発だけで突き進むような状態はまさに暴走状態といっていいだろうと思います。(野党の反論が、ただの誹謗中傷に近い感じになってしまっているという点も、悪い点なのかなとは思いますが)
国会での証言が二転三転している様子を見るに、コロナウィルスでの対応などはまさにそのような状態に陥っていると思うのですがいかがでしょうか。

こういう状況に陥っても国政選挙の投票率が上がらないのはやはり若い世代の政治への無関心なのかなぁ…。
今の会社の若手にも、30手前で、「全く関心がないから一回も投票に行ったことないです」と笑って話す人がいるんですが、果たして本当にそれでいいのかと。
世の中が変わらないからとあきらめていると本当に何も変わりません。
待機児童の問題でも、保育園の開園が、声の大きな一部の人の反対運動でとん挫したという話もよく聞きます。

諦めたら試合終了、じゃないですが、不満があるなら声を上げないと、声の大きな人の意見だけがどんどん通る世の中になってしまいます。

私は、6年前に日本国籍を取得して以降、自分が選挙権のある選挙については欠かさず投票しています。
引っ越しが多く「地元」という意識は希薄なため選挙運動に積極的に参加したようなことはありませんが、それでも、投票を放棄することは政治に不満を述べる権利を自ら放棄することになると思っているからです。

そんなことをつらつらと考えながら、年明けから2か月ほど、社会の動きを見てました。
安倍政権がコロナウィルス問題を含めて、ここにきて噴出している様々な問題をうまく収めることができるのかどうか。
ここをうまく乗り越えたとしたら、もともと安倍政権が目標としている改憲まで雪崩を打って転がっていくのかな、という分水嶺にきている気がしますが、果たしてどうなるか。
今後の動きを注視していきたいなと思います。


ということで、普段あまり触れることのない、政治の固い話題でつらつら書いてみました。

次回は技術系か、サブカル系の軽い話題で気楽に書きたいなぁ~というところで今日はここまで。


ではでは~~~。

==============================================気になるニュース

宮崎県の統計システムの公募がすごい。

「平均的な開発者にも機械学習の力を」―AWSジャシーCEO基調講演

さくらインターネット、「専用サーバ」批判記事について謝罪 合致するケースあったと「真摯に反省」

1mmのダビデ像を3Dプリンターで出力、ミクロ・アンジェロだ!

レノボ、世界初の折り畳み画面ノートThinkPad X1 Fold発表。開いて13.3インチのフォルダブル

世界初!カラー電子ペーパー画面のスマホをハイセンスが展示:CES2020

2020年発売予定のARグラス「nreal Light」で買物擬似体験(西田宗千佳):CES 2020

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が3月31日に完全終了、不正アクセスが発端

ついに“史上最強”のリチウムイオン電池が誕生? 透明で柔軟で火にも耐えるバッテリー、米研究チームが開発

音響のボーズ、日米欧の全店閉鎖

「40代を過ぎると一気に景色が変わる」 サイボウズの20年選手が語る、“スペシャリスト”で生きるという現実

MWCバルセロナは中止 新型コロナウイルスで「開催は不可能」とGSMA

アダルトチャットで活躍するVTuberが海外で爆誕、人間のポルノ配信者が嫉妬に怒り狂うほどの人気ぶり

米国2位の大手新聞チェーン「マクラッチー」が破産申請

BLUEDOT、USB充電式の乾電池型バッテリー3種類を発売

この記事へのコメント

テーマ別記事