[雑記] ハリーポッター:魔法同盟

ブログを公開している、ウェブリブログがサービスリニューアルしていてデザインが変わりました。
私の方ではまだ全く設定など変更できていないので、時間を見てサイドバーなど調整できればと思います。

さて、前回の投稿から一転、つい先日公開されたスマホ向けゲーム、『ハリーポッター:魔法同盟』のお話。

ご存知の通り、同ゲームの開発元であるNianticは、PokemonGoの開発元でもあります。
なんだかんだ言って約3年間ずっとポケモんGoをプレイしてきた立場としては、そりゃ少しは気になっていたわけで、日本公開されたらさっそく遊んでいます。
そんなわけで約1週間ほどプレイした感想と、プレイにあたってのポイントをいくつかご紹介しようと思います。

といっても無課金でまったりプレイしているだけなので、がっつりお金をかけてプレイしている人に比べればそれほど見るべきポイントはないかもしれませんが。

まず、全体的な感想としては、ポケGOより、かなりゲーマー寄りに寄せてきたな~という印象。
ポケGOはよく言われる通り、プレイヤー年齢層が結構高いです。実際、やっていてレイドバトルに集まってくる人たちを見ると、私も40歳を超えていますが、それ以上の年齢層の方のほうが多く感じるほど。
理由としてはおそらくシンプルな操作性とゲームシステムが、年齢層の高い方がまったりプレイするのに向いていたのだろうなと。

それに対してハリポタに関しては、それなりにシビアな操作性と、結構複雑なやりこみ要素がふんだんに盛り込まれていることから、普段からゲームプレイをしなれている人でないと、おそらくついてこれないんじゃないかと思いました。

ポケGOではボールと木の実を気にしているくらいで、あとは適当にボールを投げていれば普通に遊べましたが、ハリポタの方はまず魔法を使うのに線をなぞらなければいけない。しかもこのスピードと正確性の判定が結構シビアなので、年齢層が高い方には結構厳しいと思います。(もしかしたら私が知らないだけで、年齢によって、魔法を描くまでの時間に補正がかかっている可能性はありますが)

さらに、ポケGOではランドマークで行うことがストップとジムという2種類で、基本的にはクルクル回せばOKだったのに対して、ハリポタでは塔、温室、宿と3種類あり、宿も複数種類あります。おまけに温室では栽培、宿では魔法検知器と、ただ食事を拾ったり素材を集めたりするだけではなくほかにもできることがあったり、宿にもいくつか種類がある様子。

ポケGOのフィールドリサーチはストップを回した時に入手したら特に期限なしで達成すればいいのに対して、ハリポタの方はデイリーとイベントという仕組みになっていて、いわゆるモバイルゲームと同じような形で、結構時間に追い立てられる感じがあります。


用語もどうしても日本人にはなじみの薄い用語が多くなる(ファウンダブル、コンファウンダブル、キャラクター名などなど)ため、この辺も、年齢層が高い方々にはちょっととっつきにくいのかなと。(英語圏の人たちならこの辺は問題ないのかも?)


普通のゲームに寄せてきた分、もともとハリーポッターの世界観にはまっている若い世代のゲーマーの人たちは楽しめそうかなとは思いましたが、一方で、ハリーポッターは好きだけどゲームはあまりやらないような人たちにとっては、とっつきにくくなっている印象です。


そんなわけで、なんとなくですが、もちろん、そこらのモバイルゲームとは比べ物にならないくらいの売り上げにはなると思いますが、ポケGOのように息の長い爆発的ヒット作品にはなりにくいのではないかな、という気がしました。



というところで、批判めいた事ばかり書いても仕方がありませんので、私がこの1週間遊んでみて、ゲームを楽しむためのポイントと感じたところをいくつかご紹介。
これから始める方がいましたら参考になれば幸いです。


  1. 田舎の方では魔法の無駄遣い厳禁。
    ポケGOとの一番大きな違いが、温室や宿で入手可能な魔法エネルギーの残量。アイテムや素材の種類が多くなり、また塔ではこうした要素が入手できなくなった分、ポケGOのようにポンポン使っているとすぐに枯渇してしまいます。

  2. 無課金でやるなら最初はエネルギー残量を増やそう。
    私はこれをやらずに失敗しましたが、当初の魔法エネルギー残量はマックスで75。ポケGOでモンスターボール75個と考えたらそれほど少ないとは思わないかもしれませんが、ポケGOよりも成功させるのが難しい分、1度の敵により多くエネルギーを使うことになります。また塔の敵と戦う魔法使い試練では、少なくとも7回ほど(多いと20回くらい?)の魔法エネルギーを平気で使うことになるため、エネルギーは貯められるときには貯められるだけためておくのが良いと思います。

  3. 素材はケチらずどんどん魔法薬に合成を
    素材は結構歩いていれば拾えますし、温室でも入手できます。どんどん魔法薬にして、魔法薬を潤沢にしましょう。

  4. 魔法薬で効率的に。
    上に書いた通り、魔法エネルギーをいかに節約するかがポイント。ということで、魔法薬は自分で作れますし、ちょっとでもレベルが高い敵にはどんどん使って、効率的にファウンダブルを集めたほうがいいと思います。

  5. デイリー任務は達成しよう
    デイリー任務7種を達成することで、毎日数枚のコインがもらえます。ポケGOよりもコインが集めやすいのが特徴なので、コインを入手できる機会はできるだけきちんと生かしたほうがいいと思います。

  6. 弱い敵の攻撃は防ぐ必要なし
    塔の試練などで敵と戦闘になった際、敵の攻撃を防ぐために「プロテゴ」の魔法を唱えることができます。画面上、魔法を唱えるときの矢印マークが出てくるため、思わずなぞってしまいそうになりますが、相手のレベルや強さを見て、自分より格下の相手だったら無視しましょう。というのも、プロテゴの魔法を唱えるためにも呪文エネルギーを1消費してしまうため。何度も言いますが、呪文エネルギーをいかに節約するかがキーになるため、弱い相手の場合はスタミナよりも呪文エネルギーを節約しましょう。いくらスタミナが余っていても、呪文エネルギーがなくなってそれ以上攻撃できなくなってしまったら、その時点で負けが確定してしまいます。
    ※2019/09/09追記 当初、プロテゴでも呪文エネルギーを1消費すると書いたのですが、途中で仕様変更されたのか、現在はプロテゴでは呪文エネルギーは消費されません。どんどん防いで回数を稼ぎましょう!



大体こんなところでしょうか。
まとめると、田舎部では毎日デイリー任務だけ着実にこなして、週末などに都心部に出られたときにまとめて色々集めたり達成したりする、というのが効率的にプレイできるやり方かな、という感じです。

最後に、私もまだソロプレイだけで、フレンドの利点はよくわかっていませんので、自分のフレンドコードさらしておきます。
4615 4529 1910
どなたか遊んでいる方がいましたら登録してみてください。

ではでは~~~。

=======================================気になるニュース
心電図「着るだけ」測定、産総研と名古屋大がスマートウェア

Raspberry Pi 4 Model Bが発表されました!

【速報】ジョニー・アイブ、Appleを退職へ

ポーランドの人気ポルノ雑誌を、フェミニストが大量購入した理由

購入した電子書籍が“消滅”する:マイクロソフトの撤退で、再び「DRM」の問題点が浮き彫りに

7iDのパスワード再発行がセキュリティ的に最悪な件:パスワード変更しても無意味な状況(会見後追記)

「サマーウォーズ」の仮想世界・OZが体験できる企画、ピクシブ発のアプリで

「AKIRA」新アニメ化プロジェクト、舞台となった“2019年”に発表! 大友克洋監督の新作映画も制作決定

重大事故の時にどうするか?

ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)
ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)

ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)
ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事