ヤメ記者SEの徒然なるままに…

アクセスカウンタ

zoom RSS [レビュー] XYZPrinting davinci nano W(開梱編)

<<   作成日時 : 2018/12/13 00:07   >>

トラックバック 1 / コメント 0

10日ぶりの投稿です!

年の瀬も迫って、皆様お忙しい日々を過ごされているかと思いますが、年末に向けて各種セールが大盛況。
そんな中、私もAmazonが毎年実施するサイバーマンデーセールに乗って、久しぶりにちょっと大きな個人の買い物しました。
それがタイトルのにも書いたこれ!


ダヴィンチ nano ホワイト
XYZプリンティング
2018-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



そう。3Dプリンターです!

以前在籍していた職場でほんの少しだけ触ったことがあって、以前からほしいなぁ〜と思っていたんですが、さすがに手が出ず…と思っていたんですが、以前触れたMAKERSの本を読んだときに調べたところ、最低価格3万円くらいから購入できる機種がいくつか出ている!ということで思い切って買ってしまいました。

同じ価格帯の機種でいくつか悩んだのですが、決め手となったのは

  • ケースにふたがついている。
  • 初心者向けをうたっていて、操作がしやすそう。
  • 組立済みですぐ印刷できる。
  • 3Dプリンター業界では有名メーカーの製品で、日本法人もきちんとある。
  • WiFi対応。(同じ製品でも最後にWがついていないものはUSB専用)

といったあたりでこの機種を選びました。

特に1番目のフタというのが実は結構重要で、ご存知の通り、3Dプリンターの多くは熱でプラスチック素材を溶かしながら積み上げて形を作ることになります。
これが空間がむき出しだと、せっかく挙げたノズルの先から出た素材の温度がすぐに冷えてしまい、うまく固まらない、ということが以前の会社で触っているときにあったのです。
なので、この価格帯のものにしては造形がきれいに出そうだなということで選びました。

そんなわけで、12月8日に注文して、12月11日に手元に届いたので、さっそくレビューしてみます。

まずは到着時点の外装。

画像

画像


輸送用の段ボールではありますが、しっかり製品のプリントがあって、きちんと手が込んでいます。
そして、憎い心遣いが横に張られたシール。
少し見にくいですが、QRコードが記載されていて、シリアルナンバーが読み取れるようになっています。
これは製品登録などの手続きをするときにかなり楽です。

さて、さっそく開梱。と行きたいのですがその前に。
こちらのメーカー、公式サイトに開梱からセットアップまでのチュートリアルが動画で丁寧に説明されています
私もそちらを参考に作業しました。
ただ、いくつか動画と違っているポイントがありましたのでその辺に注目しながら手順を見ていきたいと思います。

では、段ボールをさっそく開けてみます。
まず、中のものをざっと出したのがこちら。

画像


右手奥に置いているのが本体で、その左が説明書などビニールに包まれた小物です。
手前が電源とUSBのケーブル類に、フタと、整形物を取り外すためのスクレイパーになります。
いろんなサイトの情報見ても整形物を土台から取り外すのにスクレイパーは必須、ということが書かれていたので、別に買わなきゃいけないかな、と思っていたので、これが付属していたのはちょっとうれしい誤算でした。

で、説明書と一緒に入っているものを細かく見てみると

画像


左に見切れてしまっていますが、説明書と保証書のほかに、土台に張るシール(写真上の黄色いシート)、フィラメントのガイドチューブ、壊れた時の交換用ガイドチューブ取付口、ノズル清掃用のピン、メンテナンス時のグリースを塗るためのブラシと、手入れに必要な小物が一通り入ってました。
この辺、初心者向けということで、初めて買うプリンターとなるとこうした小物が手元にないことが多いでし、何をそろえればいいのかもわからないので、うれしい配慮です。

では、実際に本体のセットアップを進めます。
まず、動画にもあった通り、本体の下にある初期付属品のフィラメントを外します。

画像

画像


写真を見ていただければわかる通り、私の場合は付属していたフィラメントは赤色でした。
ビデオでは黄色なので、もしかしたら購入した人によって付属する色は違ってくるのかもしれません。

続いて、本体の中にビニールテープで固定されている段ボールに包まれた部品を取り出します。
画像


段ボールの中に包まれているのはエクストルーダーという、フィラメントを加熱して抽出するパーツになります。
取付はあとになるので、取り出したらいったんわきによけておきます。
続いて本体内の固定資材を外していきます。
私の場合は動画と違って、本体左右にも資材が入っていました。
画像


壊れないように結構多くビニールテープで止めて梱包資材が用いられているので、忘れずにすべて取り外していきましょう。

続いて、先ほど取り出したエクストルーダーにガイドチューブを差し込みます。
画像


チューブをつないだらエクストルーダーを本体に設置しますが、この工程が動画ではよくわかりませんでした。
取扱説明書には「白いボタンを押しながら」という記載があるのですが、白いボタンが2つあってどちらを押せばいいのかがよくわかりませんでした。

取付個所とよく見比べたところ
画像

こちらのパーツの下にある2つの穴に対して
画像

エクストルーダーについているこちらの2つの突起部を差し込んで固定するということがわかりました。

ということで、押さえる白いボタンは
画像

こちらのツメにあたる部分を押さえて固定します。

続いて、加熱用のケーブルを接続します。
こちらのケーブルは上下に欠けがあって逆向きには刺さらないようになっているのでよく見てもらえれば刺す向きはすぐわかると思います。
画像


ただ、動画の中では青色をしていたケーブルをまとめるためのリング状のパーツが私のやつでは黒色をしていて、ちょっと見にくかったです。

動画ではわかりにくいのですが、こちらのパーツでガイドチューブと加熱用ケーブルをまとめることになります。
パーツを止める位置はガイドケーブルに白い線が引いてあります。
画像


それから、加熱用ケーブルは抽出のために動作している際、絡まないようにするために折り曲げる方向が決まっているようで、取扱説明書に記載がありますので、そちらを見ながら、収納しておきましょう。

加熱用ケーブルをフタから出したらフタをツメにかませてはめ込みます。
画像


その後、フタの中央から出たガイドチューブのもう一方を、本体背後の取り入れ口に差し込みます。
画像


ここまでやったら、本体背部のビニールテープを外せば、セットアップは完了です。

画像


そんなわけで、さっそく試し刷りを!
と行きたいところですが、だいぶ長くなりましたし、実はこの間、ちょっとソフトウェア周りでトラブルがありまして、色々と手間取った経緯がありますので、その辺はまた次回ということにしたいと思います。



そしてついでにその次の予告も。
今回のサイバーマンデー、実はこれ以外にもいくつか買い物しました。
買ったのはこちら。








Kindleは前に使っていたタブレットがなくなってしまったので代わりに購入しました。
HDDは、家のPCどうして共有するためのNASとして利用するために購入しました。
HDDはほかのメーカーの製品と悩んだのですが、価格と容量、そして昔からHDDを作っているメーカーのものであれば信頼性の面で問題もないだろうということでこちらを選びました。

この辺はまだ手元にきていないので、手元に届き次第またレビューしたいと思います。

ではでは〜〜〜。

===================================気になるニュース
HTBに中国企業出資へ 最大25% 訪日客集客で協力 HIS、過半は維持

新社名は「Dynabook株式会社」、“シャープのPC”が復活

男の子のプリキュア登場 「遂に…」ネットで話題

オープンソースの貢献者が報われる文化を——報賞金サービス「IssueHunt」運営が1億円を資金調達

ミノムシから世界最強の糸 クモの糸よりも強く丈夫 興和など開発

2018年12月6日に発生した携帯電話サービスの通信障害に関するおわび

■【追記あり】Wi-Fiはタダで使えると思っている奴多すぎ問題

Microsoft、Webブラウザ「Edge」をChromiumベースに ブランドは保持

『スマホCPU』でインテルに宣戦布告 PC向け新Snapdragonをクアルコムが発表

「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2018」、受賞アプリ決定

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[レビュー] XYZPrinting davinci nano W(印刷編)
前回、最後までご紹介することができませんでしたので、引き続き、3Dプリンター davinci nano W のレビューです。 ...続きを見る
ヤメ記者SEの徒然なるままに…
2018/12/16 23:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[レビュー] XYZPrinting davinci nano W(開梱編) ヤメ記者SEの徒然なるままに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる