[再レビュー] Android Tablet - TABi108

愛知県のほうはだいぶ暑くなってきました。
全国的に酷暑の様相を呈してきているようですので、皆さま、体調管理にはお気を付けください。

さて、前々回の投稿で書きました通り、先月壊れたタブレットに代わり、新しいタブレット端末を使ってきました。
約1か月経過したということで、使用感をレビューしておきたいと思います。

まず、全体的な総括としましては、一部不満はあるもののコストパフォーマンスを考えればすこぶる満足できる品質かなと思っております。

個別にみていきますと
【良点】
・WiFiテザリングとLTEの切り替えがスムーズ(以前使っていた中華PADのほうがおかしかったといえばそうなのですが、以前の端末では、テザリング利用後、WiFiへの切り替えは問題なかったのですが、WiFiからテザリングへの切り替えがうまくいかず、一度、機内モードにするなどして、電波を完全にリセットしてからでなければテザリングが使えないという難点がありました。
・画面が大きいので、見やすい。(年齢がいくと小さい文字が見にくくて…。主な用途が自炊漫画や電子書籍の購読なので、画質は多少悪くても大きい画面はかなり良いです)
・バッテリーの持ちが良い。(本体サイズが大きいのでバッテリー容量もそれなりにあるようで、テザリングだけの利用だったら丸1日使ってまだ70%近く残るような感じです)

【難点】
・アプリ内から別のアプリを起動したとき(例えば、Twitter内でリンクをタップしてChromeを立ち上げるなど)、ネットワークの処理がうまくいかず読み込みできないことがある。(ネットワークが詰まったような状態になって、いつまでも白い画面でした。この症状は、端末を再起動することで改善されましたので、もし同じ症状が出ている方がいましたらお試しください)
・時折、アプリが突然終了することがある。(なぜかわかりませんが、KindleやComicWalkerなどのアプリを確認していると、突然落ちることがあります。異常終了のメッセージすら表示されないまま、突然Activityが消える感じですが、頻度は1日に1回もないくらいですし、すぐに立ち上げなおせば解消するのでそれほど問題ではありません)
・全体的に動作が遅め。(やはりメモリサイズが少ないので、性能のいいスマートフォンと比べると、動きは緩慢です)
といったところでしょうか。

おそらく、求めているニーズが私のように
・あまり高スペックはいらない(激しい処理はあまり使わない)
・画質より画面サイズ
・バッテリーの持ち
・安くていい
といった人にとってはお勧めできる端末かと思います。

一方で、
・ゲームや動画をストレスなく楽しみたい
・画質が良くないと嫌だ
といった方には、物足りない端末になってしまうかもしれません。

良かったら参考にしていただき、「自分のニーズにマッチしそうだな」と思われた方は、検討してみてください。







では~~。


=============================気になるニュース
レズビアン・ゲイのマンガ家が語る結婚と子育て 「私にはこんなに好きな人がいる」

ヒト型のロボットダイバー「OceanOne」が遠隔操作でルイ14世の沈没船から宝物をゲット

わずか250gで折りたたみ式の自撮り4Kカメラ搭載ドローン「Hover Camera」

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」が電子書籍化され誰でもダウンロード可能に

ソニー子会社、電子書籍DRM技術提供にからみ、米Datalogics社と業務提携

13.3型の電子書籍端末「13.3 inch Android e-reader」が米国でクラウドファンディング成功、今秋にも出荷へ

オープンソースの開発ツール「Visual Studio Code」が正式版となるバージョン1.0に到達

ytai/ioio

USBポートに挿すと数秒でPCを起動不能にしてしまう「USB Killer」が実際にPCを破壊するムービーが公開

Machine Learning Advent Calendar 2015

行政サイトを作る時に気をつけておいた方がいい事

全小中高に無線LAN 電子教科書に対応、20年までに

今後のIoT無線技術の本命「NB-IoT」の底力とは

HIS、セクハラ批判で即日中止

読売タブレットを使ってみた(上)端末とサービスの概要

小学校でのプログラミング教育、有識者会議が初会合

AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

学校のトイレ利用、「本人が認識する性で」 オバマ政権が通達

「熊本震災の中の人の話が聞こえてきた。」何が起こってるか知ってほしい。

Amazonオンデマンド本のコンビニ売りは第二次電子書籍出版ブームを起こすかもしれない

プレステ生みの親・丸山茂雄が語る迷走の裏側(上)

NTT、フジクラ、北大、世界最高密度の光ファイバーを実用的な細さで実現

九州大、全学生・教職員に電子教科書導入、利用ログによる教育ビッグデータ活用も

複雑な質問に答えられるAIアシスタント「Viv」、Siri開発者の最新作

3D「プリンター」はもう古い―小さな3D「複合機」登場、スキャン、レーザー刻印も可能

OCT、ケーブルTV最大手傘下に

「どうもIoTは儲かりそうだ」からベンダーが先に進めない本当の理由

フルカラー電子ペーパー登場で、電子書籍がますます捗る

ぐにゃぁ…っと曲がる曲面ディスプレイが公開。折りたたみスマホに採用も?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事