[レビュー] New Android Tablet - TABi108 4G

先日からご連絡させていただいております通り、熊本から名古屋へと引っ越しました。
既にみなさんご存じのとおり、この引越しの直前には熊本大分地震もあり、当時まだ熊本に荷物を置いていた我が家でも、引越し直前の荷物がいろいろと大変な状況になっておりました。
以下、片づけ前に撮影した写真を掲載いたします。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


最後の2枚は、マンション共用部分で撮影した物で、熊本で住んでいたマンションは入居時に新築だった物で、築2年の物件だったのですが、それでも壁の一部に亀裂が入ったり、外壁の一部がはがれ落ちたりと言った被害が出ていました。
幸い、我が家では明確にものが壊れたりしたといった被害は、大きめのガラス製耐熱ボウルが割れたのと、壁にかけてポスターを掲示していた額が、落下した際に壊れたという2点のみで、家電系などは一通り無事でした。
机の上で倒れ込んでいたPCディスプレイなどは、壊れていることも覚悟していたのですが、幸いなんともなく、テレビなどは耐震ジェルを敷いておいたために倒れずに済み、無事でした。
皆さんも家具・家電の耐震対策はぜひ。


さて、そんなこんなでいろいろ身の回りがバタバタしているさなか、事前に名古屋にもってきていたため、地震の影響は全く受けていないはずの、愛用していたタブレットが突然壊れてしまいました
ブログ記事を見直すと、購入したのが2014年10月となっているので、稼働期間は丸1年半くらいだったようです。
少し短かった気もしますが、確か購入した時の金額は1万5千円くらいだったかと記憶していますので、まぁ、値段なりに頑張って稼働してくれたかな、と、思っています。

ただ、やはりタブレットがないと不便なのと、せっかくMVNOの契約をしているので対応端末がないとこの契約が持ったない、ということで、新しいタブレットを購入しました。
その端末がこちら!






懲りずに、中国製の安価なタブレットです。
今回製品を選ぶ際にポイントとしたのは以下の5点。
・SIMフリーでLTEが使えること。
・SIMカードがノーマルサイズ対応。
・Android 5.0以上。
・できるだけ大きな画面。
・MicroSD対応。

1つ目のLTEは、以前のタブレットは3Gまでの対応だったのですが、やはり屋外で使うには速度が遅かったのと、SIMカード自体はせっかくLTE対応していたので、機能をフル活用したかったため。
2番目のSIMのサイズは、やろうと思えばSIMカッターなどを使ってカードを加工できるのは知っていたのですが、やはり未経験のまま物理的にカードを削る行為には勇気が必要だったことと、何より余計にものを買わなくて済むなら、そのように済ませてしまいたいと思ったため。
3番目の5.0以上は、最近のネットの記事を見ていると、こういった情報が出回っていたため、セキュリティ面から、4系未満のOSを選ぶのには抵抗があったためです。
4点目は、私の場合、タブレットの主な利用用途が、自炊した本を読むことになるのですが、以前の端末では画面サイズが小さいと感じていたため、できるだけ大きい画面を選びたかったもの。
最後は、今までのタブレットで使っていたデータをそのまま持ち出したかったためです。

以上の条件をもとにいくつか候補を探した中で、最終的に選んで購入したのが、先ほど紹介した TABi108 でした。

全く意識していなかったのですが、偶然にも、前回タブレットを購入したのと同じショップから購入していたようで、今回もメデューさんから購入しています。
カラーリングはホワイト・ゴールド・ブラックから選べましたが、私はブラックを選びました。
そして、おまけでついてくるセット付属品が、キーボード付きカバー、低反発素材ケース、 専用レザーケースから選べたのですが、こちらは専用レザーケースのセットで購入しました。

そして、申し込みをしたのが4月28日の昼間だったため、連休明けの到着も覚悟していたのですが、29日には手元に届くという素早い対応をしていただけましたので、早速レビューを、ということでこの記事を書いています。

まず、届いた物の外観から。
画像

付属品のレザーケースと本体の入った箱、それから説明の書かれた紙が2枚、付いていました。
説明は、明らかにワープロ打ちされた物で、SIMカードの設定方法などが書かれています。

続いて箱の外観。
画像

画像

画像

画像


箱を見るとシンプルな白い厚紙の箱で、正直、前の端末を買ったときのようなしっかりした印象は全くなく、安っぽい感じで、手書きで「4G」と書かれている辺りなどを見ると、ちょっと失敗したかなと思いました(笑)

続いて箱を開けてみたところ、本体が出てくる前にもう一枚、紙が封入されていました。
画像

写真の通り、使用にかんする注意書きです。

続いて本体を取り出し、上げ底になっている箱の中から付属品を取り出します。
画像

これで全部。だったらこんなに箱大きく無くていいだろう!とか突っ込みたくなるシンプルさです。

USBケーブルはともかく、USB接続するためのACアダプタが入っていたのは実はちょっと意外でした。
前回買った端末にはPC接続で充電できるからか、ケーブルしか入っていなかったので、充電にはその前に購入していたNexus7に付属していたACアダプタを使用していましたので。
この点は、スマートフォンを使っていれば問題ないとは思いますが、同時に充電するためにも、手元に余っているアダプタがない方が購入する際には助かるポイントではないでしょうか。
しかも、コンセント部分が折りたたみ収納可能なタイプの物なので、結構使い勝手も良さそうです。
画像


続いて、いよいよ本体を確認します。
画像

画像

画像

画像

まず特徴的に目立つのがカメラの位置。
画面サイズが9.6インチと大きめのタブレットだからか、横位置で使用することが前提で設計されているようで、長辺の中央部分にカメラがつけられています。
そしてカメラを上にして右側の縁に、電源スイッチ、ボリュームスイッチの2つの物理スイッチと、イヤホンジャック、Micro-USBのコネクタがつけられています。そして、カメラが付いているのとは逆側の長辺の中央部にマイク用の穴が空いています。
前面で確認出来るのは以上で、ごくシンプルで標準的な構成です。

続いて裏面をみます。
画像

表位置と同じ位置にカメラが位置しているのが分かります。
中央下部にはステレオスピーカー。そして、右下には4G LTE対応を表すシール。

左上に、ふたが付いていて、これを開けると…
画像

SIMスロットが2つと、MicroSDカードスロットが出てきます。
この機種はデュアルSIMに対応しており、サイズは両方とも標準サイズですが、SIMカードを2枚挿すことが出来ます。
通信の利用量が多い方は、MVNOのSIMを2枚指すような使い方をするのも良いのではないでしょうか。

続いて、付随していたレザーケースを見てみます。
画像

画像

画像

写真は、中身の見えている位置が分かりやすいように、輸送時の緩衝材を入れたまま撮影しました。
レザーケースではありますが、質感は安っぽい感じで、表面も皮と言うよりも木目のような模様になってます。
裏面はカメラ位置に穴が空いており、また、ふたの部分を折り返したときに引っかけることで、横画面の状態で立てることが出来るスタンドとしても活用できるようになっていました。
輸送時にケース自体が少し曲がった状態で届いたのが残念ではありましたが、取り付けてみると、使用には全く問題なく、さすがに専用で作られているだけあって、スイッチやカメラ、スピーカー部分などもふさぐことなく調整されていました。
画像

画像

画像


ここまで出来た段階で、充電状況を確認したところ、16%という表示が出たため、まずは急がずフル充電をしてから、やっと初めての電源投入です。
画像

MEDIATEKというメーカー名のロゴが2種類表示された後、androidのロゴが出てきて…
画像

無事、OSの稼働画面となりました。

以前の端末が8インチで1280*800の解像度に対して、今回購入したのが9.6インチで1280*800と、サイズは大きくなっていても解像度自体は変わらない、という状況でしたので、画面の荒さが目立つかな、と気にしていたのですが、個人的にはそこまで画質にこだわる方ではないので、むしろ大きくなった分、文字が見やすくなった、という程度でちょうど良い感じがしています。

初期状態でインストールされていたアプリは以下の通り。
画像

画像

本当に必要最小限、という感じですが、個人的には、変にアンインストールできないアプリが山ほど入っているよりは全然良く、むしろシンプルで大歓迎な状態。

ここから、SIMカードの設定を行って、(若干躓いたのですが、何のことはない、自分がモバイル通信を有効にするのを忘れていたから通信できない状態だっただけで、通常のMVNOのSIMを使い始めるときと同じように、APNとユーザー名、パスワードを設定すればOKでした)現在は無事、LTE通信が出来るようになっています。

昨日から色々と必要なアプリを追加し、本日は半日鞄の中に入れてテザリングで稼働していたのですが、やはり端末が大きくなった分バッテリー容量も大きいのか、自宅に戻ってバッテリー残量を確認するとまだ70%以上残っていました。

これまでが3G通信での稼働となっていたため、やはり通信速度は快適になりました。

まだそれほど使い込んでいませんが、ひとまず、初期動作状況としては良好で、1万5千円以内での買い物としては十分満足のいく内容となっています。
もう少し使い込んだら、また使用感などを含めた形でご紹介できればと思っています。

ではでは。

==============================気になるニュース
記者が創刊した新聞、英インディペンデント紙が電子版オンリーへ -その背景は?

LINE botは2016年のiモードだ――FinTechと人工知能は、多くの人にはまだ来ない

小児性愛者を「合法的に手助け」する人形に問題は? 海外から批判

熊本地震

しゃべるし歌うし踊る! とにかくかわいいロボット携帯電話「RoBoHoN」と遊んできた

熊本県南阿蘇村で倒壊した学生アパートの本当の築年数は42年だった

熊本に寄付した人から抽選で1名に、俺が自腹でiPad Proプレゼントキャンペーン

地方紙17社のLINEニュース配信 開始1カ月の友だち数は?

天体観測衛星「ひとみ」 運用断念へ

自分のメールアドレスやID名で検索するとハッキングされて過去の流出リストに入っていたかどうかがわかる「Have I been pwned?」

コインサイズでLinuxが動くWi-Fi搭載PC「VoCore」






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [再レビュー] Android Tablet - TABi108

    Excerpt: 愛知県のほうはだいぶ暑くなってきました。 全国的に酷暑の様相を呈してきているようですので、皆さま、体調管理にはお気を付けください。 Weblog: ヤメ記者SEの徒然なるままに… racked: 2016-05-28 08:36

テーマ別記事