[メモ][How To]日本国籍取得への道 【ご報告】

さて、昨日のエントリーに続きまして、珍しく2日連続での投稿です。<と自分でいうな、という感じですが…

タイトルの通り、今年3月~4月にかけて、このブログでご報告してきました、日本国籍の取得について、連絡がきましたのでそのご報告です。

本日、長崎法務局より連絡があり、11月7日付けで、無事、帰化の許可が降りたとのことです。

約2ヶ月間、急ぎ足でいろいろな書類を揃えて提出してから、7ヶ月。
3,4ヶ月から約半年ほど、という当初の予想でしたので、予想より少し遅かったかな、というタイミングで連絡がきました。

あとは、申請地または在住地の法務局へ私が直接赴き、書類を受け取れば、日本国籍取得となる、ということのようです。
書類の受け取りと同時に、各種手続きに関する説明などもあるらしく、代理は認められないそうですので、必ず、本人が行く必要があるようです。

また、先日からご報告している通り、私は今、名古屋の方に来ているのですが、短期駐在ということで、住所は変更しないまま、名古屋に滞在しています。
このため、名古屋で説明を受けることはできないようで、申請地である長崎、または居住地である熊本の法務局での受け取りとなるようです。

いずれにせよ、これで手続きが完全に終わります。

さて、同じような立場の方の参考になれば、ということでこうしてブログにまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか。

私のわかる範囲内のことはひと通りブログに書いたつもりですが、何か不明な点などある場合は、コメント欄などでお問い合わせいただければ回答させていただきますのでお気軽にどうぞ。


ということで、以上、ご報告でした。
書類を受け取ったら、またその後の手続きなどについて、聞いてきた話を最後にまとめようと思います。

ではでは~~~。


========================気になる情報
ありのままでと娘の決断-87歳認知症の母、徘徊の自由で戻った笑顔

良いAndroidアプリを作る139の鉄則

情報の文明学 (中公文庫)



増補改訂版 帰化申請マニュアル
すばる舎
前田 修身

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 増補改訂版 帰化申請マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



行政書士の実務 帰化・永住・在留許可申請業務
法学書院
木本 博之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 行政書士の実務 帰化・永住・在留許可申請業務 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事