[書評] 手塚治虫漫画全集83 - フースケ(講談社)

ブログのエントリーでも何度か自炊の方法を紹介したりしてきましたが、最近、古い漫画を古本屋で探して、裁断して自炊する、というのを結構頻繁に行っています。
まぁ、自炊するのが手間と言えば手間なのですが、スペースを取らないというのをいいことに、以前、一度手放した漫画などを買い戻したりして懐かしんでいたりします。
で、そうして手に入れてる漫画に手塚治虫漫画全集がありまして、急ぐわけでは無いのでぼつぼつ見つけては買い集めて…ということを繰り返しています。

つい先日、そうして手に入れた「フースケ」、という作品があまりにも衝撃的だったのでご紹介を。


フースケ (手塚治虫漫画全集 (83))
講談社
手塚 治虫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フースケ (手塚治虫漫画全集 (83)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



衝撃的、といっても、感動したとか、そういう事ではありません。
単行本丸々一冊通して、全編下ネタのオンパレードなのです!(笑)
表紙の画像を見てもらえればわかる通り、ちょっと普段の手塚治虫の作風からは離れた絵柄になっていまして、スポーツ紙の四コマ漫画に近い絵を採用しています。
で、物語というか、内容もその通りで、スポーツ紙に載っているような四コマ漫画並みの下ネタや不条理ギャグばかり。

男性器と女性器だけの生き物が世の中に大繁殖して東京が大混乱…とか
家と結婚した男の悲喜劇…とか。
まるで、本当は田中圭一さんが描かれたのではないか、と思ってしまう勢いです。

こういう作品があるのは知っていました(実際、収録されている作品のいくつかは、以前読んだことがありました)が、それで単行本1冊できるくらい作品があるとは知りませんでした。

ただ、中には
ゲバ棒持ったサンタが世の中にいい加減なプレゼントを振りまいて大混乱になって…とか
いい加減な政治家を懲らしめるために「国会議事堂の前にチッソの工場を作れ」と叫んでみたり…とか。
当時(初出は昭和44年前後とのこと)の世相を風刺したブラックユーモアがちりばめられているのは、手塚治虫らしいな、という感じです。

気になった方は、ぜひ、どこかで探して読んでみてください。


ちなみに、作中に、「女性はいついかなる時も男性からレイプされても文句を言えない」みたいな、かなりきつめの同人誌で使われそうなネタもちょろっとあったり(話の本筋とは関係ないところで、ちょろっと小ネタとしてこういう内容が表現されてます)します。
以前、どこかで、「世界で初めての触手凌辱漫画は手塚治虫作品」って話を読んだことがあり、さすがに、アイデアだけはバーゲンセールにするほどあると公言していただけあって、神様のアイデアはあらゆる方面に及んでいたんだなぁ~と、感心しました。


では。

===============================気になる情報
AndroidアプリでPDFを表示するためのOSSライブラリ

今すぐ動画で「プログラミングの基礎」を独学できるWebサービス10選はコレだ!

「AKB誤報」大手メディアに打撃

ファーウェイ、日本でSIMフリースマホ「Ascend G6」を6月下旬に発売

LGPLとAndroid


ネオ・ファウスト (手塚治虫文庫全集 BT 170)
講談社
2011-10-12
手塚 治虫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネオ・ファウスト (手塚治虫文庫全集 BT 170) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



神罰―田中圭一最低漫画全集 (Cue comics)
イースト・プレス
田中 圭一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神罰―田中圭一最低漫画全集 (Cue comics) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事