[メモ][How To]日本国籍取得への道 その5

昨日(4月14日)、長崎法務局へ行き、帰化許可申請書を提出してきました。
ということで、この1カ月以上取り組んできたこのシリーズも5回を数えるようになり、いよいよ最後です。

おさらいもかねて、前回までにそろえた書類の一覧を出しておきます。

  • 大学の卒業証明書

  • 本人および兄弟の「出生届記載事項証明書」(私は4人兄弟なので4通)

  • 父母の婚姻届記載事項証明書

  • 妻の戸籍(除籍)謄本

  • パスポート(過去に韓国から発行されたもので、すでに期限切れ)

  • 外国人登録証明書(在留カード)

  • 技能・資格証明書として、国家資格などの試験合格証書

  • 給与明細

  • 預貯金通帳(主に使用しているもの)

  • 源泉徴収票

  • 市区町村・都道府県民税所得額(課税)証明書



ふぅ・・・。書き出すだけで一苦労です。
ちなみに、上の一覧中、■になっているのはコピーを提出した物で、●は原本を提出した物です。

続いて、最後にそろえて提出するように言われていたのが以下の書類です。

  • 市区町村・都道府県民税納税証明書または非課税証明書

  • 自身の住民票(全項目記載)

  • 運転記録証明書(過去五年分)

  • 在勤・給与証明書

  • (現在居住中の住宅の)賃貸契約書

  • 同居家族・自宅・勤務先の写真を各2~3枚ずつ

  • 現住所、勤務先、前自宅付近の地図



以上、これまでに集めたものも合わせて計18種類の書類を、「帰化許可申請書」(10枚つづりの申請様式)に沿えて提出してきました。

何度も書いていますが、これらの書類は、その人の職業などの状況により提出する種別が変わりますし、私の場合は本国(北朝鮮や韓国)に戸籍が無く、取り寄せる事が出来る書類が無かったことから、本国での基本証明書、家族関係証明書、婚姻関係証明書など等が無い分、むしろ少なかったものと思われます。
これから帰化手続きを考えている人は、必ず、最寄りの法務局へ相談しましょう。

そして、私の場合は諸事情あったのを考慮していただき、提出と同時に面談を行いました。
(本来は面談は書類受付後、一定の審査を経て1カ月ほど後で行うのが通例ですが、特段大きな問題がなさそうな場合に限り、書類受付と同時に面談という方法がとれるとのこと)
面談は結婚している場合には配偶者も行うとのことで、私本人と妻の2人で面談。
それぞれ30分ずつ程度で、書類提出と合わせて合計2時間程度で終了となりました。

面談内容は、なぜ帰化しようと考えたのか、などなど。許可申請書に書いた記載事項を確認していくような感じでした。


これにて無事、書類の提出が完了したという事で、1カ月ほどかけて長崎法務局で審査をしたのち、法務省へ送られ、最終的に法務大臣による決定が出るのが、おおむね3,4か月後という事で、早くて夏、遅ければ秋の終わりごろに結果が出るだろうといわれました。

そして、いくつか申請後の注意事項として
・住所が変わった場合
・婚姻など身分関係に変動があった場合
などには、必ず法務局に連絡をするように言われました。
驚いたのが、「法律に違反する行為(交通違反を含む)をしたとき」という項目があったこと。
集めた書類に「運転記録証明書」が必要だった時にも感じたのですが、運転違反が多い人は日本国籍は認められないんでしょうかね?

それから、日本を出国する際も連絡をするようにと言われました。
短期間の旅行などでも海外へ行く際は連絡をする必要があるそうで、というのも、国を出たまま戻ってこない可能性があるため、出国している最中は帰化許可が下りないような仕組みになっているそうです。
許可が下りような時期には、海外旅行などは控えた方がよさそうですね。

以前日本国籍を取得したことのある叔母に話を伺ったところ、私のケースはかなりスムーズに進んだもののようで、叔母の時はもっと手続きが大変だったそうです。

いずれにせよ、あとは国の決定を静かに待つのみとなりますので、全5回にわたって手続き方法についてまとめてきたこのシリーズもここで終わりとさせていただきます。
3,4か月後、無事決定が下った時には、またご報告させていただきます。


あ、あと、報告と言えばついでに。
先日、結婚記念に写真だけ撮影してきたんですが、生まれて初めてきちんとした和装しました。
あれ、めちゃくちゃ面倒ですね…
というわけで、一応、写真を上げておきます
洋装でも撮影はしたのですが、彼女が写真とか公開するのをすごく嫌がるたちなので、写真は、うまい具合に顔の隠れていた和装の物のみで。
ご興味のある方はどうぞご覧ください~。


ではでは~。

============================気になる情報
この大虐殺には日本も関与していた─映画『アクト・オブ・キリング』デヴィ夫人によるトーク全文

ライス元国務長官、Dropboxの取締役に就任

【速報】諫干開門で佐賀地裁が間接強制決定


300m上空に浮かぶ風力タービン、実証実験へ




行政書士の実務 帰化・永住・在留許可申請業務
法学書院
木本 博之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 行政書士の実務 帰化・永住・在留許可申請業務 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [ご報告] 転職します。

    Excerpt: 間もなく期限も迫っており、取引先への連絡も一通り済んだので解禁という事でご報告です。 現在勤務している会社を4月をもって退職することになりました。 最終出勤日は4月25日で、次の勤務先となる会社の.. Weblog: ヤメ記者SEの徒然なるままに… racked: 2014-04-20 13:52

テーマ別記事