[How To] 自炊のススメ(2):スキャナー選び編

またもや一週間ほど間が開いてしまいましたが、そろそろこのペースにも慣れてきたところなので、とりあえず、週に一回の更新をめどにやっていこうかな、と思います。

そして、以前書いたエントリー [How To] 自炊のススメ(1):裁断編(コミックス)に続いて、自炊ネタです。

前回、コミックスなりの本を裁断して、スキャンするための準備をするところまで解説をしました。

そしていよいよ、実際にデータとして取り込むためのスキャナが登場するわけです。

前回も若干触れましたが、私はキャノンのCD-C125というスキャナを使っています。




このほか、自炊用で使われるドキュメントスキャナとしては、ScanSnapシリーズが有名です。




むしろ、ScanSnapシリーズの方が古くからあり有名な分だけあって、ソフトウェア的な機能も充実しています。
確かスキャンのスピードも速かったような気がします。

そうした状況の中、なぜ、あえて私はDC-C125を選んだのか、ということを今日のエントリーではご説明しておきたいと思います。


(1)ロール式の排紙構造
ドキュメントスキャナーは、紙を機械の中に取り込んで、1度に裏表の両面をスキャン、電子化した後、元の原稿を輩出します。
仕組みとしては紙を巻き取るタイプの古いFAXの動きをイメージしてもらえればいいかと思います。
この時、排出される紙は当然ながら1枚ずつ出てくるため、しっかり下で受け止めてやらなければバラバラに散ってしまいます。
ScanSnapでは、前面下部のトレイをあけて、プリンターと同じように下で紙を受け止めるのですが、DC-R125は違います。
ロール式になっていて、上から取り込んだ原稿を手前の上部に排出。バラバラにならないようにまとめておくことが出来るのです。
これ、個人的には結構重要だと思っていまして、何が大切かというと、本体の手前に紙を重ねておく必要がないため、設置スペースの奥行きが断然変わってくるのです。
(コミックスの表紙のような厚紙はロール排紙不可、かなり薄い紙の雑誌をスキャンすると、排紙された最初の方の原稿が元原稿の方にもたれかかってしまい、多重に取り込まれそうになるなど)機能そのものに不満がないわけではないですが、スキャン中、排出された紙がばらける事を気にしなくていいのは、作業的にかなり楽だと思っています。

(2)超音波式の重送検知
ScanSnapを使っている方のレビューを見ていると時折書いてありますが、スキャナーが原稿と取り込む際、複数のページをまとめて取り込んでしまう事があります。
それは、この前のエントリーで触れたように、裁断時に本を束ねているボンドが残った状態で裁断をしてしまうと、一部のページがくっついていることがあり、そうした状態の原稿をそのまま取り込んでしまった場合などに良く起こります。
この場合、たとえば2枚の原稿を重ねて取り込んでしまうと、最初のページと最後のページはスキャンできるのですが、当然ながら、互いのページの内側のページ(2枚の紙なら、2,3ページ目)はスキャンすることが出来ず、ページが飛んだ落丁本のような状態になります。
しかし、DR-C125では、このように2枚以上の紙をまとめてスキャンした時、超音波を使って重送を検知し、確実に「重送エラー」を表示して原稿をスキャンしなおすように促してくれます。
重送は電子化した時に一番気づきにくいミスでもあり、原稿を処分してしまった後には決して回復することが出来ない状態に陥ってしまいます。
(傾きや汚れといった画像の乱れは、最悪、後から画像を修正してしまえばいくらでも回復できるというのも電子化の良い点だと私は思います)
ですので、重送をほぼ100%間違いなく検知してくれるこのDC-C125の機能は、非常に重宝していますし、実際何度もこの機能に助けられました。

私としては、この2点がDR-C125を選んだ最大の理由です。

自炊スキャナの選択肢としては現状、ほぼこの2択ではありますが、もう少し安い機種がいいという事であれば、最近はブラザーやEPSONなども安価なドキュメントスキャナを出しているようです。









フラットベッドタイプのスキャナを自炊に使うのは論外ですが、ドキュメントスキャナの場合、基本的な機能は、とにかく紙をスキャンしてデジタル化するという事は変わりません。
自分が重視するのが、画質なのか、スピードなのか、オプション機能なのか価格なのか。
そういったことを多角的に検討して、自分の要望を満たすスキャナを探せばいいのではないかと思います。

本日はここまで。
いよいよ次回、実際に自炊作業をする方法を見ていきます。

=======================気になる情報

Wi-Fiストレージ・モバイルバッテリー・USBカードリーダーの1台3役をこなす「ポータブルワイヤレスサーバー」がソニーから9000円前後で登場
http://gigazine.net/news/20130131-sony-portable-wireless-server/

李大統領が特赦断行、ブレーンの間で賛否分かれる
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/01/30/2013013000425.html

北朝鮮地図が詳細に グーグルマップ 核実験場や強制収容所の記載も
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130130/kor13013008150003-n1.htm

Android アプリ品質ガイドライン
http://googledevjp.blogspot.jp/2013/01/core.html?spref=fb

講談社が導入した国内初のデジタル輪転機を見てきた
http://ascii.jp/elem/000/000/760/760423/

無料でDropboxのフォルダを自分のWebサイトにできる「Site44」
http://gigazine.net/news/20130125-site44/

輪転機トラブルで東北4県で1700部欠配 河北新報
http://minihanroblog.seesaa.net/article/315561312.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [How To] 自炊のススメ(3):スキャン編(上)

    Excerpt: さて、自炊のススメということで書いてきた一連のエントリーシリーズも3回目になりました。 まだ未読の方は第1回、第2回も目を通していただけるとうれしいです。 Weblog: ヤメ記者SEの徒然なるままに… racked: 2013-03-13 02:03

テーマ別記事