[レビュー & Tips] Nexus7 の使い勝手と気づいた点

世の中クリスマス!(ブログ更新するときにはすでに過ぎているかと思いますが…)
みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか。
私は連れ合いから、クリスマスプレゼントとしてNexus7をいただきました♪

ということで、発売からかなり経過してはいますが、さっそく本体レビューなぞを。
ちなみに、本体は初起動後にさっそくジェリービーンズにアップデートしませんか、と聞いてきたのでアップデートしています。
Android4.2.xになったことで、これまでちょっと変わった動きをされてはまったところがあったので、その辺も最後にTipsとしてまとめておきたいと思います。

まずはこちらの写真が箱と付属品の一覧。
画像


スライドすることで外箱から内箱を出すタイプの箱。そして内箱自体もまた蓋と身に分かれます。
身の中にははめ込み式でさらに小さな箱が。この箱の中にはUSBケーブルとアダプタが入ってました。

説明書もおそらくiPadを意識しているのでしょう。かなり質素な感じです。
画像


こちらが本体。付属品はUSBケーブルとアダプタのみです。
画像


すでにはがしてしまっていますが、本体はこのようなビニールにくるまれた状態で梱包されていました。ビニールにはNexus7の特徴でもあるNFCの表記が。
アダプターとUSBケーブルにはメーカーであるASUSの文字が。
そして、アダプターにはカタカナでも表記されていたのですが、こちらがなぜか、10月1日から「エイスースと統一」しているはずにもかかわらず、なぜか「アスース」と表記されていました(苦笑)

中身についてはこの辺にして早速動きを。

電源を入れると、まずはGoogleのロゴが。
画像


しばらくすると、Nexus7のロゴに変わりました。
画像

Xの周りの配色がぼんやりと揺らめいている、きれいなアニメーションになっています。

その後、アカウントの登録手続きなどがあり、無事起動した初期画面がこちら。
画像


その後、少し置いておいたら、突然画面が切り替わって表示されたのがこのメッセージでした。
画像


ということで、私の場合は、さっそくAndroid4.2.xのJerryBeansへとアップデートを実施。

その後実際に触ってみた感じた点をいくつかまとめておきます。
・物理的にも動作的にもさすがに軽いです。
 スペックの良さはもちろん、物理的にも、片手で持っていて全くつかれることが無いくらいの重さ。
 初代iPadを持っていますが、画面サイズが違うので当然単純比較はできないものの、もうこっちだけあればそれでいいや、と思わせるくらいには軽快です。

・画面サイズが大きいのは良い事ですね。
 スマホ(IS03)と比べてみると、画面サイズの違いが一目瞭然。
 試しにGoogleReaderアプリでRSSを表示して比較した画像がこちら。
画像

画像

 個人的には、これだけでももらってうれしい、と思えるくらい大きいポイントです。
 ほかにもKindleアプリなど各種ブックビュワーを使って本を読むのに画面が大きいのは目が楽でいいです。何せ最近、スマホの小さい画面でいろんなニュースとか読むのがつらくなってきていて…

・画面が美しい。
 高解像度が売りとあって、やはり画面が美しい。
 写真が画像を表示させると、線の細かさの違いが良くわかります。

・バッテリーの持ちがいい。
 タブレットの割には、結構電池が持つと思います。
 それほど頻繁に使い倒しているわけではありませんが、iPhone5とBluetoothテザリングでつないでインターネットをしている状態で、通勤時間(往復約1時間ちょっと)使い、会社でWiFiでつないで少しネットニュースを見るくらいでは、まだ70%以上残ってました。


そして、次の2つが悪かった点、というか、対応策がわからずにはまったポイント。どうやらAndroid4.2以降で変更された部分もあるようで、これから設定などされる予定の方はお気を付けください。

・Android 4.2.x JellyBeansでは、設定アプリ上に、開発者向けオプションのメニューが表示されませんでした。
 表示させる「アプリ」の項目を見ても、開発者向けのオプションなどが表示されない。
 ネット上で情報を探し回ってたどり着いたページに書いてあった解決策が、「タブレット情報」の「ビルド番号」の項目を7回タップする。
 毎回「デベロッパーまであとX回」というトーストが表示されて7回目に「これでこの端末はデベロッパーです」と言われて、メニューが出てきます。
 声を大にして言いたい。表記もなしにそんなんわかるか!!!(怒)

・Nexus7は基本的にportlate(縦画面)モードで動作するようで、landscape(横画面)モードで表示させるには画面の自動回転をオンにしなければなりません。
 しかし、この自動回転の項目が、これまで存在していたはずの設定アプリの「ディスプレイ」項目にありません…。
 で、設定できないわけではなく、なぜか「ユーザー補助」の項目に入れられています。
 毎回ここで設定するのはなんか違和感あるし、面倒だな、と思っていたところ、ホーム画面の右上(バッテリーマークがある辺り)から下に向かってフリックすると表示されるショートカットメニュー内にボタンがありました。
画像

 しかし、横画面で表示して置きながら自動回転をオフにしても、一般的なタブレットのように横画面固定にはならず、必ず縦に戻ってしまいます。
 個人的にはこれはマイナス点ですね。
 これが無ければかなりいい端末なんですが。<ちなみに、横画面で設計されているアプリについては、標準で横画面で表示されますのでご安心を。


以上、若干の不満点はあるものの、個人的にはすごくうれしいプレゼントになりました。
さっそくケースと保護シートを購入しに近場の電器店を5軒ほど回ったのですが、そこはマイナー(なのかなぁ?Androidではメジャーだと思ったのですが…)の悲しいところ。タブレットのアクセサリーはほとんどiPad系ばかりで、ケースは結局気に入るものが見つかりませんでした。
で、買ってきたシートはこちら。




うたい文句の通り、まったく気泡が入らず、また表面も艶消しのため指紋はつかず大満足してます。

そして、ケースは結局Amazonでこれを注文しました。




Amazonではそれなりの種類が出てきますし、既に購入されている方のレビューも見られるので、アクセサリを購入するのであれば、近くの電器店などを見て回るより、Amazonの方がお勧めだと思います。

タブレット、便利ですしNexus7なら2万円を切る値段で手に入ります。
近々台湾のPCメーカーACERが$99のタブレットを発売開始するという情報もあるようですので、どんどん競争が始まると、消費者としてはうれしい限り。
まだタブレット未購入の方は一度真剣に検討されてみてはいかがでしょうか。
家でネットやる程度であれば、本当にパソコンいらなくなりますよ~。



ネクサスセブン Nexus7 完全活用術 米国で大ヒット! 最新のAndroid搭載のGoogleタブレットが日本で登場!
アスキー・メディアワークス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネクサスセブン Nexus7 完全活用術 米国で大ヒット! 最新のAndroid搭載のGoogleタブレットが日本で登場! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事