[レビュー] iPhone5のもろもろ

ということで、au版iPhone5をゲットしました♪
いやぁ~。LTE、早いっす。
うちのネット環境は、今住んでいるマンションに組み込みの、バックボーンが地元ケーブルテレビから提供されている回線から、宅内無線LANでいろんな端末つないでるんですが、正直、こっちの回線でつなぐより、体感ではっきりわかるくらい、LTEの方が早いです。
ネット上でちらほら見受けられた、「家の回線いらなくね?」的な発言もこのスピードなら確かに納得。
まぁ、7GBの制限があったり、LTE通信しているにもかかわらず、AppStoreからのDL時に50MBを超えるアプリはWi-Fi経由じゃなきゃできない制限も残っているみたいで、Wi-Fiなくなったらサイズが大きいアプリがDLできないとかいろいろあるんで、今のところ家の回線はそのままにしてるつもりですが、それにしても・・・って感じでした。
iTunesの音楽ファイルDLしなおすのなんて、1曲2~3秒ですよ。ほんとに。

で、レビューですが、とりあえず、iPhone5そのもののレビューや何かと話題の地図の話はもうネット上に腐るほどあるので、昨日からほぼ1日がかりでAndroidから環境を移行したんで、その中でいろいろ気づいたことなど、ほかであまり見かけなかった情報を中心にいくつか。

1.Androidの電話帳移行
~電話帳移行の方法としては、こことかまぁ、いろんなところにやり方が出てくるわけですが、あまり見かけなかった一番簡単な方法を見つけたので紹介しておきます。
このやり方では、パソコンが要らなくなりますが、Evernoteを使うことになるので、アカウントを持っていない方は事前にアカウントを作ったうえで、AndroidとiPhone、それぞれの端末にEvernoteを入れてください。
まずは、Android端末側で、さっきのサイトと同じやり方で電話帳をvCard形式のファイルで保存します。
その後、AndroidのEvernoteを使って、さっき保存したvCardのファイルをアップロードします。
次に、iPhoneのEvernoteを開いて、さっきアップロードしたvCardのファイルが保存されているはずなのでこれをタップ。
画像

すると自動的に連絡先をインポートする画面が出てくるので、ここで画面の一番上に表示されている「XX件すべての連絡先を追加」というボタンをタップすればそれで終了。
画像


ファイルからのインポートはできるだろうと思い、当初、Gmail経由でやろうとしたんですが、GmailからではiPhoneの端末にインポートができず。
Gmail上からはEvernoteと共有というメニューしかなかったのでだめもとでこっちで試したところうまくいきました。
AndroidとiPhoneのXML形式が若干違うようで、ニックネームとか漢字の読みとか、一部インポートがおかしくなるところもありましたが、よっぽどこだわる人じゃない限り実害はないレベルですし、まぁ、手作業でやったりするよりは格段に簡単だと思います。

2.Google系のアプリ
~Android端末ではGoogleReaderを愛用していたんですが、iOS向けにはアプリがないんですね…orz
ということで、とりあえず、ブラウザでブックマークして使うようにしましたが、やはり専用アプリと比べて(使い勝手になれていないと言うことも含めて)使いにくくて…
ということで、私は、Google系の、iPhoneに存在しないアプリは、テザリングにして今までのAndroid端末をWiFiで接続してつなぐようにしようかと思ってます。
Android端末もLTEでつながるようになって、今までよりスピードアップするのでみんなでハッピーってなもんですw
まだ試してないけど、地図も同じやり方でいけるはずなんで、回線1本で複数台持ちできるテザリングを選択基準にして本当に良かった。という感じです。

ちなみに、長崎の地図を見ていたら、やっぱり面白ネタがいくつか。
画像

画像

普通に日本語版の地図を見ていただけなのに、なぜか地名の表記に突然韓国語や中国語が出てきましたw


3.バックボタンが使いにくい
~これは純粋にiPhone5に対する不満と言うか愚痴と言うか。
CEOの人がインタビューで、「iPhoneは片手で使うように最適化されて設計されていたけど、幅を変えずに長さを伸ばすだけだったら使い勝手は変わらず、画面サイズを大きくできた」的なインタビューがあったはずなんですが、右手で持ったときに対角線上に来る、左上隅はさすがに片手でタップするのはかなり厳しいです。
で、Androidならこの位置って正直あまりタップしなくて良かったんですが、iOSの場合って、この左上の隅に、ほとんどのアプリで、前の画面に戻る時の左向きの←ボタンがついてるんですよね。
このボタン、頻繁に使うのにそのボタンがタップしにくい。
私はほかの人と比べて若干指が長いようなのですが、それでも手首を動かして端末との位置関係を少し変えないと届きません。
画像

手が小さい女性の方や指が短い人なんかだと、絶対に片手では操作できないと思います。
これだったら、どうせなら横幅も一緒に大きくして、比率をいじらないで画面サイズ大きくしてもよかったんじゃないかなぁ~と、思ったり思わなかったり。まぁ、なんにせよ、左上の隅が使いにくいというのはUIとしては致命的かと。
逆に、これからiPhoneアプリを作成するような方は、従来のUIを踏襲するのではなく、メニューバーを下に持ってくるとか、新しいUIのスタンダードを模索して見るのも、ひとつの手かも知れません。

4.入力学習はAndroidのほうが上?
~入力時に表示される候補ですが、この辺はIS03で使っていたやつのほうがよかったような気がします。
特に、英字の入力に関しては一切学習がされない(それともできるのをどこかで設定しなきゃだめ?)ようで、パスワードはともかく、アカウントまで毎回全部打ち込まなきゃいけないっていうのが面倒で面倒で…
Apple以外のサードパーティーIMEが解禁になれば本当はこの辺の状況解決するんでしょうけどねぇ…。


大体こんなところでしょうか。
これ以外では、私はもともとiPod touchやiPadを使っていたので、iTunesアカウントを持っていてiCloud上にすでにiOS関連のデータが一通りあったりしたので、iPadからアプリのデータを持ってくる、などの作業はごくごく短時間で簡単にできました。
あと、不満をいくつか述べましたが、SIRIは楽しいし、アプリそのものの動きもかなり早いし、カメラもかなりきれいだったりと、機種変更して素直に良かったと思ってます。

あ、ちなみに、ジャケットは記事下のAmazonで紹介している、ストラップ穴付きのソフトシェルジャケットを買いました。
ストラップの穴の位置は若干微妙かな、と思ったんですが、思ったより邪魔にならず、手触りも滑り止めが効いていていい感じです。
アルミの手触りもかなり良かったので、傷つくのは別にいいからむき出しでもいいかとも思ったんですが、結構携帯落とすことが多いので破壊防止のためジャケット装着で使うことにしました ;-P

今からひとつ気がかりなのは、ISフラットでついていた無料通話基本料がなくなった為、他社携帯や固定電話と通話したときには料金が不安だな、という点でしょうか。
ほとんど電話することがないのでおおむね問題ないんですが、たまに家族と電話すると、遠隔地にいる関係でそれなりに料金がかかります。
その上、家族はアナログ人間ばっかりなので、SkypeなどのIP電話は使える当てがなく、通話料は丸々かかることになりそうなことぐらいです…。

ということで、シーテックでは素敵なITライフを満喫してきます~♪

=============================今日の気になる情報
博報堂「生活定点」データ20年分を無料公開
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1209/27/news098.html

グーグル ストリートビューがiOSにやってくる! 待ってろiOS 6ユーザー達
http://www.gizmodo.jp/2012/09/_iosios_6.html

iOS 6のFacebook統合で、電話番号されあれば他の情報も手に入る?
http://jp.techcrunch.com/archives/20120927have-just-a-phone-number-ios-6-facebook-integration-can-fill-in-the-blanks/

複雑な構造でも精密に再現できる安価な3Dプリンター「FORM 1」
http://gigazine.net/news/20120927-high-resolution-desktop-3d-printer/



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事