ヤメ記者SEの徒然なるままに…

アクセスカウンタ

zoom RSS [書評] ポプラ百年文庫9

<<   作成日時 : 2017/05/07 20:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

GWの連休も終わらんとするこの頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
ええ、私は色々仕事がばたつきまして、結局どこにも遠出は出来ませんでしたがなにか…。

とまぁ、愚痴はさておき、愛知県はすっかり暖かくなってきまして、夜も室内ならば半袖で過ごせるくらいになってきました。
今住んでいるところがちょっと田舎のところで、窓開けると虫が入ってくるのを妻がいやがるから基本締め切ってるので蒸してるだけ、というのもありますが。

さて、今回は昨年11月以来ストップしてました、ポプラ百年文庫シリーズです。
人工知能関連やら技術書関連をつまみ読みしたり、児童書読んだりしてましたので、本自体は久しぶりというわけではないのですが、文学作品は半年ぶりくらいになりました。

9冊目は「夜」。

(009)夜 (百年文庫)
ポプラ社
カポーティ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (009)夜 (百年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



● 夜の樹[カポーティ]
おじの葬儀へ参列し、大学へと戻る冬の夜行列車に乗った女性。
満席の列車の中ひとつだけ空いていたボックス席に乗り合わせた、見世物家業の夫婦と話をするうちに言いしれぬ不快感を感じ始め…。

● 曲がった背中[吉行淳之介]
居酒屋である男の背中を観て「まるでヘミングウェイの殺人者の背中のようだ」とつぶやいたことをきっかけに、その男との奇妙な交流が始まった。
その男は妻と共々、戦中に受けた不幸な傷を背負ってひっそりと暮らしていた。

● 悲しいホルン吹きたち[アンダスン]
貧乏だが家族が団結して暮らしていたあるペンキ屋の一家が、父親の不幸な事故をきっかけに離散し、成長する息子の姿を描いた作品。

「夜」というタイトル通り、前回の「罪」に続いて、少し暗い話が多かったです。
カポーティは、「ティファニーで朝食を」で有名な作家で名前だけは知っていたものの作品はコレまでほとんど読んだことはなく、結構楽しみにしていたんですが、やはり純文学作品は私はよく分からず、自分とは生活から価値観からすべてが異なる相手といやでも乗り合わせなければいけなかった女性の不幸を読んで何が面白いのかという感じで…。
また前回と同様に今回は「悲しいホルン吹きたち」が1本で半分以上のページ数を占める構成になっていたのですが、こちらの方が、自分の都合ではない理由で家族を飛び出すことになり、突然社会に放り出された正面が、大人へと成長していく過程の葛藤が丁寧に描かれていて、楽しく読むことが出来ました。

次回はやっと1/10になる10冊目。「季」。

(010)季 (百年文庫)
ポプラ社
円地文子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (010)季 (百年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



3編とも日本人作家と言うことは、四季がテーマの作品と言うことになるんですかね。
最近、古本屋でまた人工知能や技術書を買いあさってきたのでそちらが優先になるかと思いますが、また読み終わったら書き付けたいと思います。

ではでは〜〜〜〜。

===============================気になるニュース
レゴランド1カ月、静かな出足 混雑なし、料金に不満も

女性脱北ブローカーBに密着したドキュメンタリー「マダム・ベー」、6月公開決定

「子どもの目の前で公開処刑」 脱北ラッパーが訴えた北朝鮮の実態

プエルトリコ、破産申請=債務7.8兆円、米自治体で最大

何千人もの人をHIV感染からを救った男は無職のホームレスだった

グーグル創業者が免許不要の超軽量飛行機



冷血 (新潮文庫)
新潮社
トルーマン カポーティ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 冷血 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



原色の街・驟雨 (新潮文庫)
新潮社
吉行 淳之介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原色の街・驟雨 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アンダスン短編集 (新潮文庫 ア 4-2)
新潮社
アンダスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アンダスン短編集 (新潮文庫 ア 4-2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[書評] ポプラ百年文庫9 ヤメ記者SEの徒然なるままに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる