ヤメ記者SEの徒然なるままに…

アクセスカウンタ

zoom RSS [雑記] ポプラ百年文庫5+ライトノベル数本

<<   作成日時 : 2016/08/27 13:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ほぼ1ヶ月ぶりの更新となってしまいましたが、百年文庫シリーズの5冊目。「音」


(005)音 (百年文庫)
ポプラ社
幸田文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (005)音 (百年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



●台所のおと[幸田文]
小料理屋を営む夫婦を描いた作品。
夫が病気に倒れ、妻は医者からそう長くは無いと告知をされる。それを夫に隠して暮らすが、夫はわずかな音の変化から妻が何かいつもとは違う心元になっていることに気づき…
作者の幸田文は幸田露伴の娘だそうで、これまで百年文庫で読んだ作品の中では、描写のテンポや言葉遣いが一番好きな作品でした。

●深川の鈴[川口松太郎]
小説家を目指す男の一人称で進む、ある一人の女生徒の交流を描いた作品。
相手の女性は子持ちの後家で、夫が残した寿司屋を切り盛りする働き者。そんな女性を結婚相手にどうだと紹介されて、つきあいを始めるうちにそれも良いかと惹かれ始まる私が、通い夫のような生活をしつつ、小説家として名を立てるべく作品を創り上げて…。
慎ましやかな愛ある生活の結末と、物語の最後の展開に、寂しくも暖かい気持ちになれる。

●高浜虚子[斑鳩物語]
ある宿に滞在している主人公と、その宿で働く人々との交流を描く作品。
丁寧な情景描写はさすがという感じですが、物語としてのストーリー展開はほとんど無く、淡々と数日間の交流の様子が描かれるだけで、4冊目の「秋」に収録されていた「秋日和」のような作品でした。

作品をきちんと読んだことはありませんが、幸田露伴の娘も文学界で名前を残していたと言うことに驚きましたが、やっぱり純文学作品はあまり性に合わないようで、高浜虚子の作品が一番苦手でした…。

次の6冊目は「心」。

(006)心 (百年文庫)
ポプラ社
ドストエフスキー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (006)心 (百年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ドストエフスキーに芥川龍之介と、世界的な大作家の収録されている巻なのでちょっと楽しみです。


それからタイトルにも書いたライトノベル数本。

最近、ライトノベル界隈では、異世界転生物が大流行中。
ということで、コミックス化されている作品をいくつか読んでいたのですが、図書館で、ある作品の原作があったので読んでみました。

八男って、それはないでしょう! 1 (MFブックス)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-04-24
Y.A

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八男って、それはないでしょう!  1 (MFブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



角川のComic Walkerのサイトでコミックスが無料で読めるので時折読んでいたんですが、まぁ、一度原作で読んでみるのも良いかな、と思って読んでみました。
で、調べてみたらどうやら大本は小説家になろうという小説投稿サイトで公開された作品のようで今でもまだ続いている様子。とりあえず、一通り全部読んでみました。

まぁ、物語としては剣と魔法のファンタジー物で、それなりに楽しめたんですが、WEB小説に紙の出版物にコミック版と3つのパターンを読んでみて感じたのは、やっぱり編集者って必要なんだなって事。
一時期、AmazonのKDPなど、作家が直接電子書籍を消費者に届ける仕組みが広まったときに、編集者(というより出版社)が中間搾取の悪者みたいなとらえ方をされていましたが、こうしていくつかの媒体に変化された作品をそれぞれ目を通して比較してみると、 WEB小説<出版小説<コミックス と圧倒的に、かかわった人数が多い作品の方が読みやすく、面白い作品になっています。
コミックスと小説を単純比較は出来ないにせよ、作者が一人で書き上げて発表しているWEB版の小説と、編集者がきちんとかかわって練り上げて出版されている出版小説では、後者の方が(紙とデジタルの媒体の違いを考慮したとしても)圧倒的に読みやすく、また作品の余計な部分が適度に整理されていて、読む側もテンポ良く読むことが出来ました。

中間搾取みたいに、実質ほとんど仕事らしい役割をしない編集者ももちろん中にはいるんでしょうけど、それは個人の資質の問題であって、やはり、コンテンツ作りは一人の力で完結できる物では無いんだな、というようなことを感じました。

といいながら、この手の作品を、お金を出してまで読む気は無いので、今は以下のような作品を前述の小説家になろうのサイトで読んでたりします。
蜘蛛ですが、なにか?
賢者の孫
転生したらスライムだった件

他にも結構な作品が小説として商業出版されたり、コミックス化されているようで、本当、クリエイターを目指す人たちには良い時代ですよね。頑張って良質な作品を生み出してほしいものです。

まぁ、有名になったところだけつまみ食いしている感じですが、他にも何か面白いオススメ作品あったら教えてください。


あぁ、そうそうまるっきり忘れてましたが、この間に誕生日を迎えまして、1歳年を取りました。
まぁ、30歳も過ぎると自分の年なんていくつでも変わらないので、大して何もありませんが、今後ともよろしくお願いします。


ではでは〜〜。

===============================気になるニュース
富士フイルムの4×5・8×10カラーネガが終了

4億円を寄付した男の“危機感”

Kindle Unlimited、試してわかった「流行る理由」 (1/4)

アマゾン980円で12万冊OK

なぜ医者は「飛行機の中にお医者さんはいませんか」に手を挙げないのか?医師の本音

加Rakuten Kobo社CEOのMichael Tamblyn氏が謎の写真ツイート、電子書籍端末「Kobo」の新モデルは来月発表か?

Amazon、クラウドIDEを提供する「Cloud9」買収。AWSが統合開発環境をSaaSとして提供する布石か

【リオ五輪】北朝鮮と韓国の体操選手。仲良く自撮りをしていたよ

任天堂はどこへ(1)新たな戦いの旅 始まる

ワシントン・ポストの五輪リポーター、実は人工知能だった!

Intel、スタンドアロンの“MR” HMD「Project Alloy」披露

米シスコ、約1万4000人をレイオフへ=情報サイト

なぜ日本の大手メディアは、性的マイノリティーの問題にこうも鈍感なのか

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景


転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)
講談社
2015-11-20
伏瀬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



賢者の孫 常識破りの新入生 (ファミ通文庫)
KADOKAWA/エンターブレイン
吉岡 剛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 賢者の孫 常識破りの新入生 (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



蜘蛛ですが、なにか? (カドカワBOOKS)
KADOKAWA/富士見書房
2015-12-10
馬場 翁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蜘蛛ですが、なにか? (カドカワBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[雑記] ポプラ百年文庫5+ライトノベル数本 ヤメ記者SEの徒然なるままに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる