ヤメ記者SEの徒然なるままに…

アクセスカウンタ

zoom RSS [雑記] 北朝鮮の核実験

<<   作成日時 : 2013/02/13 00:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本当は、前々回のエントリーで書いたe-zukaスマートフォンアプリコンテストの結果(最終プレゼンでよりにもよって失敗してしまって…でもまぁ、受賞は逃しましたが、いい経験になりました)とか、前回のエントリーで書いた電子書籍が、購入者こそいないもののPVが一週間とたたず200弱近くまでいき、ほとんどPRなしで公開しても、意外と見てもらえるものなんだなぁ〜と思ったり、とかいうほのぼのした話題を書くつもりだったのですが…

2月10日の正午近く、北朝鮮がとうとう3度目の核実験を実施したそうです。
報道によると前回の規模の2倍との声があったり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130212/k10015470571000.html
既にご存じのとおり、昨年12月には人工衛星(日本の報道では最後までロケットでしたが)の衛星軌道への打ち上げに成功しており、大陸間弾道ミサイルと核技術を手に入れたことによって、着々と核ミサイルへの準備が整いつつあることになります。

いったい何を考えてここまで自ら孤立を深める道を進むのか…と思わずにはいられませんが、一方で、権力者が自らの権力を維持しようと考えたとき、内政によってその力を強固なものへと作りこんでいくことが難しい以上、外に敵を求め、一致団結を訴え続ける以外にもはや道はない、という事なのでしょう。

北朝鮮は相変わらず天候不順による慢性的な食糧不足が伝えられており、ロケットの発射にかかった費用で食料を購入していれば4〜5年分が調達できたという報道もあります。 http://www.cnn.co.jp/world/35025713.html
国民が飢える中、その財源を兵力増強に充てる。衣食住よりも剣を重視する国家というのはすでに国家としての体をなしておらず、ことここに至っては、もはや末期の焦りのようなものすら感じられますが、それで本当に暴れ始めた巻き添えを食ってしまう国々はたまったものではありません。

ましてや、現在は休戦中という敵同士になっているとはいえ、北朝鮮とはまさに血を分けた肉親も数多く存在する韓国や、日本国内にもゆかり在日同胞が数多く居住する中、いったい何をするのか、と、強い憤りすら感じます。

キムジョンウン体制になり、幼少期から海外で教育を受けていた青年という事で、もしかしたら改革・解放へと進むのではないか、とあまり期待を抱いたこともありましたが、それらは一瞬にして消え去りました。
むしろ、体制変革のさなか、「最悪」と想定していた路線を突き進むように次々と核実験などの手段に訴えて出る体制がいまだに維持されていることに恐ろしさすら感じます。

一刻も早く、かの国の改革を願ってやみません…。

=========================気になる情報

ローマ法王、退位を表明…3月中にコンクラーベ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130211-OYT1T00479.htm?from=top

Wi-Fiベース屋内測位技術をAndroidアプリに組み込むには
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1211/19/news012.html



北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる
PHP研究所
西岡 力

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本防衛のあり方?イラクの教訓、北朝鮮の核
ベストセラーズ
江畑 謙介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本防衛のあり方?イラクの教訓、北朝鮮の核 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

これが北朝鮮核問題のすべてだ!
東洋経済新報社
朴 振

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これが北朝鮮核問題のすべてだ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[雑記] 北朝鮮の核実験 ヤメ記者SEの徒然なるままに…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる